女性の大敵でもあるほうれい線をなくしましょう。

肌を気にする女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事リスト

悩み解消

鏡を見る女性

ほうれい線を目立たなくさせる手術は今はメスを使わない注入法と糸を通してリフトアップさせる方法が主流です。糸も伸縮するなどますます進化していますが、手術を受ける際にはそうした新しい技術を生かせるような病院を選びましょう。

詳細を確認する

美容クリニックで

目元を気にする女性

ほうれい線をなくす施術は美容外科クリニックで出来ます。切開を伴う大きな手術をしなくても、ヒアルロン酸注射、ライムライト、フォトフェイシャル、サーマクールなどのプチ整形でも十分にほうれい線を目立たなくできます。

詳細を確認する

若返り手術

笑顔の女性

加齢で目立ってくるほうれい線やシワなどは、美容整形手術をすれば解消でき、マイナス5歳以上若返りができます。手術の種類によっては手術費用が高額になりますが、モニター価格などを利用すれば安くできる手術もあります。

詳細を確認する

解決する方法

口元を気にする女性

老け顔の大敵、『ほうれい線』は、老化により皮膚や脂肪組織がほうれい線に覆いかぶさることでできるものです。顔面の筋力を鍛えることも大切ですが、プチ整形で簡単に解決することができるでしょう。整形手術の種類には、ヒアルロン酸注入やボトックス注射などがあり、短時間で比較的手頃な値段で受られるのが特徴です。

詳細を確認する

投稿記事

笑顔の看護師

なくす手術

年を取って頬の弾力が落ちてくるとほうれい線が目立ってきます。ほうれい線はスキンケアやマッサージで消すことはできませんが、美容整形をすれば消せます。皮膚を切る手術と切らない手術があり、効果や持続性は手術の種類によって異なります。

指をさす看護師

原因とは

ほうれい線は女性とっては実年齢よりも老けて見られてしまう最大の敵です。年齢によってしわはできてしまうものですが、その中でもほうれい線はできてしまうとなかなかとれにくいのです。そこでできる原因と普段からできる予防方法についてまとめてみました。

医者

関連性について

1960年代の日本で一般の女性向けに美容クリニックの利用が始まったことで、現代では大勢の方が利用しているという歴史があります。その一環としてクリニックではほうれい線の治療を行っており、化粧品に比べて高い効果が得られるため今後の需要も増加していっています。

ほうれい線が目立つ

工夫して隠す

ほうれい線を隠すためにファンデーションを塗りたくる人もいますが、今では透明のテープを使ってリフトアップできるようになりました。これを使うと何が良いのかというと、リフトアップされることで頬が持ち上がり、ほうれい線が目立たなくなるということです。一時しのぎであれば十分隠すことができます。本格的に改善したいと思ったら、美容クリニックを受診したほうがいいでしょう。自力では難しいので、医師の力を借りてほうれい線をなくしましょう。

メスを使わない

ほうれい線を目立たなくするためには、メスは必要ありません。場合によってはメスを入れる必要があるかもしれませんが、今ではあまり行われていない方法です。 気になるところにヒアルロン酸などを注入することでしわが目立たなくなるという治療法があります。これならほうれい線を短時間で目立たなくできます。ずっとこの状態でいられるわけではないので気を付けましょう。 糸を使ってリフトアップする方法があります。これなら糸が切れない間はずっとリフトアップされたままなので、ほうれい線も目立ちません。顔が若々しくなるので良い方法ではないでしょうか。意外と手軽にできる治療法で、今では主流となっています。医師と相談して治療を考えてみませんか。