女性の大敵でもあるほうれい線をなくしましょう。

原因とは

ほうれい線を予防する方法

指をさす看護師

ほうれい線ができてしまうと実年齢より10歳は老けて見えると言われています。たった2本の線が顔に刻まれる事で若々しい印象か老けた印象なのか驚くほど変わってくるのです。ほうれい線は肌の弾力や潤いを失ったり、顔がたるむ事によって発生する加齢によるものが原因と言われてきました。ほうれい線ができてしまう年齢も年々と早まっており、今では30代後半から出現すると言われています。その原因はお肌の乾燥や生活環境によるもので睡眠不足やストレスによって発生する事もわかっています。最近では働く女性が増えたのと夜遅くまでの残業によりお肌にとっては良い環境が保てていない事がほうれい線ができる年齢が早まっている原因の一つなのです。

自分の生活習慣を見直す

ほうれい線ができないようにする努力は必要となってきます。まずは自分の生活を見直す事も重要となります。睡眠がちゃんとれているのか、食生活は偏っていないか、ストレスをためないように発散できる方法を自分でもっているかなど自分自身と見直す事も重要になってきます。 次に重要なのはスキンケアですが、時間がないからといって洗顔せずに寝てしまったり保湿を怠ったりするのは一番やってはいけない事の一つです。ほうれい線の最大の敵は乾燥です。肌を乾燥させないように保湿ケアを特に寝る前にしっかりと行うようにしましょう。あと日常生活でおこなえる事はよく物を噛んで食べる習慣を身につける事、ビタミンCを摂取する事、あとはよく笑う事が重要です。笑う事は顔の筋力も鍛えられます。