女性の大敵でもあるほうれい線をなくしましょう。

解決する方法

ほうれい線の原因

口元を気にする女性

ほうれい線は『老けて見える最大の要因』です。 30代から50代の女性が、肌について気になることの第一位が『ほうれい線』です。 ほうれい線は、年齢とともに肌の弾力が低下し、頬が下垂してくることにより、深く影がついて見えるのが原因です。 コラーゲンや筋繊維などの支持組織が減少することも、ほうれい線が目立つようになる原因の一つです。 顔面体操などをして、顔の筋肉を鍛えることでリフトアップが期待できるのですが、毎日続けるのは大変です。また、効果がが表れてくるのも時間がかかるので、長く続かない方が多いでしょう。 近年、ほうれい線を薄くするプチ整形が注目されている方法です。しかし、さまざまな情報があふれているため、どのような方法が一番良いのか悩まれる方が多いです。

整形の種類について

ほうれい線のプチ整形の中でも、最も選ばれている方法がヒアルロン酸注入です。 10分程度の施術で終了し、注射の後は普段通りメイクをして帰ることができるため、気軽に行うことができるでしょう。 費用は、クリニックによって差はあるのですが、一回の施術につき10万円ほどで行えるのです。 その他にも、頑固なしわに対してボトックス・ボツリヌストキシン注射という方法も選択肢の一つです。表情筋の過剰な動きを和らげることで現在あるしわだけでなく、将来のしわまで予防することができるのです。 これも5分程度で終了し、費用も5万円程度ですむ整形です。 その他に脂肪注入や、皮下に糸を埋め込むリフトアップなどの方法もあり、しわの程度や予算などに合わせて自分に最も合った方法を選択することができるでしょう。