女性の大敵でもあるほうれい線をなくしましょう。

悩み解消

美容整形手術の種類

鏡を見る女性

年齢が上になるほど気になって来るほうれい線、できればこんなもの消してしまいたいと多くの女性が考えるのではありませんか。 現在、ほうれい線を目立たなくさせる美容整形には様々なものがあり、施術もどんどん進化しています。今人気があるのはメスを使わない方法で、これは大きくは注入法と糸によるリフトアップの2つに分かれます。 注入法ではヒアルロン酸など人体に無害なものをほうれい線の辺りに注射し、頬をふっくらさせることで気になる線を目立たなくさせます。これですと傷も残らず、短時間で終わり、身体に負担もかかりません。 糸によるリフトアップとは、糸を顔に通して糸の力で引っ張り上げることでほうれい線を目立たなくさせます。注入する方法より持続力があるうえ、顔の筋肉に糸が直接働きかけて筋肉自体を持ち上げるので、より効果が高いと言えます。 最近は伸縮するなど糸に様々な工夫をこらしたものが開発され、より引き上げる力や持続力の強さが求められています。これからはより安全で傷が残らず、効果の高い方法がますます開発されていくことでしょう。

施術を受けるにあたって

伸縮する糸を顔に通して筋肉を引き上げるなど、ますます新しい技術が開発されていく美容整形ですが、手術を受ける際には注意していただきたい点もあります。どのような材料、手術法を用いようと、肝心の手術をするのは人間だということです。 ほうれい線の辺りには大切な神経も通っていますし、顔の筋肉と言うのは非常に複雑な造りになっています。糸を通す箇所、通し方など医師の経験や勘に頼っている部分も大きいので、受ける際にはその病院がどれぐらいの臨床例があるのか、医師の経験はどの程度なのか、確認をしてみましょう。 また、手術方法ですが、糸の通し方には何通りかあり、やり方によってはあまり効果が出ない場合があります。その病院がどんなやり方で手術しているのか、事前に聞いてから受けるようにしましょう。 憎いほうれい線をすっきりさせて、一番輝いていた頃の自分とまた巡り会いたいものです。